銀行ローンで審査落ちした場合

銀行のカードローンを利用するためには、必ず審査を受ける必要があります。審査では個人情報を参考に信用情報の確認や在籍確認をしていくことになりますが、稀に落ちる場合があります。その原因は様々ですが、一番多いのは借金歴や滞納歴があることによる信用情報のキズです。このキズがあることで、信用情報はホワイトではなくなりブラックとなります。一度ブラックと認定されてしまうと、在籍確認などが問題なくても本審査に通過できず、それまでのことがパーとなってしまいます。他の銀行や消費者金融に申し込みをしたとしても通過することは非常に難しいです。なぜなら信用情報は共有しているからで、キズがあることを他の消費者金融や銀行が知っていることになるからです。この問題を解決する方法はありません。一度付いてしまったキズは年数を経過させることでしか回復することはありません。なので本審査で落ちてしまったのであれば、そのまま放置をすることが重要です。信用情報が回復したことを確認して再度申し込みをすれば、本審査にも簡単に通過できます。なお信用情報の確認は個人でも行うことができます。特定の期間に問い合わせをすれば、無料で誰でも閲覧が可能です。なのでもし本審査に通過できず落ちてしまったのであれば、まずは自身の情報を確認することから始めてみましょう。そこから対策を考えることができ、ある年数が経過すれば無事に銀行ローンを契約できるようになります。